高橋ヒフ科医院 脱毛専用ダイヤル048-777-6076
Gloval navigation
当医院ご案内
診療内容
診察時間のご案内
所在地
当医院ご案内
医療レーザー脱毛とは?
レーザー脱毛のメリット
レーザー脱毛の効果
レーザー脱毛治療の流れ
料金表
よくあるご質問
脱毛専用ダイヤル
»
048-777-6076
脱毛ご相談メール
脱毛に関するご相談・ご質問
光線治療

(小じわ・ニキビ・シミ・そばかす・あざ等の治療)

症例・治療例・写真・料金

光線治療について
当医院ご案内
ピアスについて
肌治療・美顔ナビゲーション
光線治療
医療レーザー脱毛 よくあるご質問
Q1 レーザー脱毛は痛くありませんか?
Q2 エステの脱毛との違いは?
Q3 レーザー脱毛機械の種類により効果の違いはあるのですか?
Q4 副作用が心配なのですが・・・。
Q5 妊娠中でもレーザー脱毛を受けられますか?
Q6 「アレルギー体質」「ケロイド体質」なのですが、大丈夫でしょうか?
Q7 年齢制限はありますか?
Q8 どのくらいのペースで何回位通ったら良いのでしょうか?
Q9 時間はどの位かかりますか?
Q10 レーザー脱毛を受ける前の準備は?
Q11 レーザー脱毛を受けた後の注意は?
Q1 レーザー脱毛は痛くありませんか?
Ans レーザーは毛根だけに照射しますので、輪ゴムで軽くはじかれた程度の痛みです。ただし、痛みは個人により感じ方が違うのでカウンセリングの際に医師にご相談ください。
▲このページの先頭へ
Q2 エステの脱毛との違いは?
Ans エステサロンの多くはニードルという電気針を用いた針脱毛を行っておりますが、エステシャンの技術によっては皮膚トラブルが起きたりしています。またエステサロンでの針脱毛は医療法違反に該当するという告知を厚生省が正式発表しています。 その点、医師の管理のもとで行われる医療レーザー脱毛は安全です。 基本的にレーザーは医療器具ですので、医師の管理がない限り使用してはならないのです。エステなどでレーザー脱毛と広告しているところもありますが、医療機関で採用している正式なレーザー機器などではなくレーザーもどきのレーザーということもありますので、注意が必要です。
▲このページの先頭へ
Q3 レーザー脱毛機械の種類により効果の違いはあるのですか?
Ans 現在、医療用の脱毛レーザー機は米国を中心として10種類近く発売されています。これらの機械は医師免許がないと購入できません。また、これらのレーザー機器の中で日本人のレーザー脱毛に敵するとされているのはダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種です。当院ではFDA(アメリカの厚生省)の認可を得ているダイオードレーザーを使用しております。 ダイオードレーザーはレーザー光源としてダイオードを使用して患部を照射し、加えて集中冷却システムにより患者さんの不快感を少しでもやわらげるように工夫されています。

ダイオードレーザーは「コヒレント」という会社のレーザー機器です。 コヒレントという会社は医療用レーザーや通信機レーザー、CDレーザー端子など全レーザーの90%のシェアを占める会社です。医療用レーザーの開発では医療用レーザー研究者であるハーバード大学医学部のロックス・アンダーソン氏*1)を顧問に迎えており、氏のハーバード大学での研究データのすべてをコヒレント社のデータとして世に発表しています。従って現在、ダイオードレーザーは最先端で一番信頼のおけるレーザー機器と言えるでしょう。

--- *1)ハーバード大学医学部のロレックス・アンダーソン氏 ----
ハーバード大学医学部のロックス・アンダーソン先生は1980年代より医療用レーザーの研究をし続け、クーリングデバイスの特許を取得しています。
当初は小さな会社でアレキサンドライトレーザーの開発をしていましたが、その後、コヒレント社にトレードされ現在に至っています。
▲このページの先頭へ
Q4 副作用が心配なのですが・・・
Ans 医療用レーザーは赤外線、可視光線の中からある特定の波長を選び出して作られた安全な光線で、紫外線や放射線、X線、γ-線などの有害線とは全く違うものです。医師の下で正しく使われている限り、人体に害を及ぼすような副作用はありません。
▲このページの先頭へ
Q5 妊娠中でもレーザー脱毛を受けられますか?
Ans レーザー光線はX線や紫外線と違って基本的には身体に害はありませんので、妊娠中でもレーザー脱毛を受けることは可能です。 しかし、妊娠中は精神的に不安定になりがちの人も多いので、なるべくなら余計な刺激は避けた方が良いでしょう。どうしてもという方は、まず婦人科の先生にご相談なさって下さい。
▲このページの先頭へ
Q6 「アレルギー体質」「ケロイド体質」なのですが、大丈夫でしょうか?
Ans 「アレルギー体質」「ケロイド体質」のいずれの体質も問題ありません。
通常はだいじょうぶです。但し、ケロイド体質の強さと治療の内容によっては、おすすめできない場合もあります。
▲このページの先頭へ
Q7 年齢制限はありますか?
Ans 基本的には何歳からでもできますが、できれば15歳位までの成長期の間は身体に影響のあることは避けた方が良いでしょう。
▲このページの先頭へ
Q8 どのくらいのペースで何回位通ったら良いのでしょうか?
Ans 脱毛の部位によって異なります。通常3〜5回の照射が必要です。 男性のヒゲなどの部位 や毛根の状態によっては、もう少し治療回数が必要となる場合もあります。 毛には「成長期」「退行期」「休止期」と言われる毛周期があります。レーザー脱毛はレーザー光が黒い毛に集中して毛が熱を発し、周囲の毛包を破壊して脱毛するというしくみです。今、黒い毛が生えている毛根にはレーザー光が集中してあたり作用しますが、休止期の毛包で黒い毛がないと毛包は破壊されません。ですから一回の処置で全体の永久脱毛というのは無理です。完全に脱毛するには、普通 は、40日くらいの間を置き、何回か脱毛をする必要があります。以上のことから脱毛の回数は毛根の状態によって違いはありますが、少ない方で3回、多い方で5回くらいです。
▲このページの先頭へ
Q9 時間はどの位かかりますか?
Ans 1回にレーザー照射出来る面積は1秒間で約1cm2です。
レーザー光線の照射時間は瞬間的なものですが、脱毛希望部位 に少しずつ繰り返して照射することになります。ですから、面積の広さによって脱毛にかかる時間が変わってきます。おおよその目安として、両ワキで約10分間位、ひざ下で約1時間程度で完了します。

<主な部位の治療時間の目安>
・両ワキ→約10分
・ビキニライン→約10分
・両ウデ→約40分
・両モモ→約40分
▲このページの先頭へ
Q10 レーザー脱毛を受ける前の準備は?
Ans
1. 日焼けをしないよう注意してください。
日焼けがひどい場合はすぐにレーザー脱毛できない場合もあります。
2. 脱毛前1ヶ月は毛を抜かないようにしてください。
レーザー脱毛する前には毛抜きで毛を抜いたり、ワックスなどで脱毛するのはやめて下さい。
きちんと発毛させ、それをかみそりで剃ってください。照射の前日には、ご自分で軽く剃毛してください。
3. 脱色はしないでください。
▲このページの先頭へ
Q11 レーザー脱毛を受けた後の注意は?
Ans
脱毛直後は赤みを帯びたり、かゆみを伴う場合がありますが、心配はありません。
通常の日常生活をしていただくことができますし、食事制限などもありませんが、 以下の注意は必要です。
1. レーザー脱毛した当日の入浴は控え、シャワー程度にしてください。
(照射したところを温めないようにするため)
2. レーザー脱毛直後の強い日焼けは控えてください。
(色素沈着の元になります)
3. 当日はアルコールを控えてください。
レーザー脱毛後にアルコールを飲むと血行が促進されて毛穴が開き、そこから菌が入って炎症を起こすこともあるからです。
▲このページの先頭へ
Copyright©2002-2006. TAKAHASHI Skin Clinic All rights Reserved.
診療内容 HOME 診察時間 所在地 医療レーザー脱毛 ピアスについて